Apple Vision Proの日本発売情報

Apple Vision Proの概要

Apple Vision Proは、アップルが開発した革新的な「空間コンピューター」です。従来のVRヘッドセットとは一線を画す、没入感の高いコンピューティング体験を提供します。高解像度のマイクロOLEDディスプレイ、空間オーディオ、視線追跡システムなどを搭載し、ユーザーの目の前に仮想空間を現実のように表示します。

Vision Proは、Appleの独自チップ設計により、強力なスタンドアロンパフォーマンスを実現しています。M2プロセッサと専用のR1チップが、12台のカメラ、5台のセンサー、6台のマイクからの入力を処理し、ユーザーの動きや視線に合わせてリアルタイムに仮想空間を描き出します。

日本での発売情報

アップルは6月11日の開発者向け会議「WWDC」で、Apple Vision Proの日本発売を発表しました。日本での発売日は6月28日で、価格は599,800円から設定されています。

ストレージ容量は、256GB(599,800円)、512GB(634,800円)、1TB(669,800円)の3種類から選択可能です。予約受付は6月14日午前10時から開始されます。

日本のほか、中国本土、香港、シンガポールでも6月28日に同時発売されます。7月12日にはオーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、英国でも発売される予定です。

日本向けアプリ

リリース時には、Yahoo! JAPAN、LIFULL HOME'S、U-NEXT、日経新聞のアプリなど、日本ユーザー向けのアプリが利用可能になります。

また、Microsoft 365やDisney+などのグローバルなアプリも、多くの国・地域で利用できるようになります。Vision Proは、生産性向上ツールからエンターテインメントまで、幅広いコンテンツを提供します。

visionOS 2の登場

今秋には、Vision Proのオペレーティングシステム「visionOS」の大型アップデート「visionOS 2」が無料で提供される予定です。

visionOS 2では、3Dメモリー写真の鑑賞機能が追加されます。機械学習を活用し、2D画像を3D化して、まるで実際の空間にいるかのような臨場感を演出できます。友人と共有したり、SharePlayを使って一緒に楽しむこともできます。

さらに、ハンドジェスチャーでホームビューを表示したり、バッテリー残量を確認する機能なども追加されます。Mac仮想ディスプレイの解像度が向上し、より大きなウルトラワイドディスプレイを実現できるようになります。Bluetoothアクセサリとのペアリングも可能になります。

電車に対応したトラベルモードや、Apple TVアプリの強化なども含まれています。visionOS 2は、Vision Proの機能をさらに拡張し、没入感と操作性を高めるアップデートとなります。

Apple Immersive Videoの拡充

Vision Proで楽しめる「Apple Immersive Video」も、今後拡充される予定です。

Apple TVアプリでは、Apple Immersiveの映画やシリーズが視聴できます。App Storeでは、「Encounter Dinosaurs」や「Who Is Sabato De Sarno? A Gucci Story」、「What If...? An Immersive Story」など、没入型の3D 8K映像コンテンツが提供されます。

これらのコンテンツは、Vision Proの180度の視野と空間オーディオを活かし、まるで実際の空間にいるかのような臨場感を体験できます。アップルは、没入型コンテンツの拡充を通じて、Vision Proの魅力をさらに高めていく方針です。

まとめ

Apple Vision Proは、6月28日に日本を含む複数の国・地域で発売されます。価格は599,800円から、ストレージ容量も選択可能です。予約受付は6月14日から開始されます。

リリース時には、日本向けアプリや生産性向上ツール、エンターテインメントコンテンツなどが利用できるようになります。さらに今秋には、visionOS 2の無料アップデートが提供され、新機能が追加されます。

Apple Immersive Videoなどの没入型コンテンツも拡充されていく予定です。Vision Proは、次世代のコンピューティング体験を切り開くデバイスとして期待されています。

今後のアップルの動向に注目が集まるでしょう。ユーザーの皆様には、ぜひ新しい体験を楽しんでいただきたいと思います。

-ニュース・話題