ふるさと納税のルールが変わる!10月から何が変わるのか、どうすればお得に寄付できるのかをわかりやすく解説。

こんにちは!管理人のペイです。
10月からふるさと納税のルールが変わります。
何がどのようにかわるのか、これからふるさと納税やってみたい人、すでにやられた人も気になりますね!

ふるさと納税とは?

そもそもふるさと納税は、返礼品が先行して話題になっていますが、ふるさと納税とは、自分の好きな自治体に寄付をして、税金の控除や返礼品を受け取る制度です。
この制度は、地方の活性化や自分のふるさとへの応援にもなります。これが根本的なルールですよね。

しかし、10月からふるさと納税のルールが変更され、内容も厳格化されます。
この記事では、ふるさと納税のルール変更の内容や影響、寄付のおすすめのタイミングなどをわかりやすく解説します。
ふるさと納税をお得に利用するために、ぜひ参考にしてください。

先に結論:要するに返戻金が下がってしまう(可能性がある)→お得感が薄まる可能性がある

下記で詳しく説明しますが、自治体側に新たに「経費ルール」が加わります。
「経費も含めて返戻金定めてね」という事なので返戻金が下がりますよね。

おそらく返礼金(返礼品)も割に合う、合わないが出てきて今まで沢山の商品から選べたのが商品点数が少なるかもですね。

ふるさと納税のルール変更の内容とは?経費ルールや地場産品の基準が厳しくなる!

ふるさと納税では、自治体が寄付金の一部を経費として使うことができます。
その経費には、返礼品の調達費や送料、仲介サイトの手数料などが含まれます。

これまでは、経費は寄付金の5割以下にするというルールがありましたが、その中に隠れ経費がある場合がありました。
例えば、寄付金の受領証明書の発行費用や、自治体の職員の人件費などです。 これらの隠れ経費は、5割ルールの対象外でした。

しかし、10月からは、隠れ経費も含めて5割以下にするという厳格なルールに変わります。
これにより、自治体は経費を抑える必要が出てきます。

ふるさと納税では、自治体が返礼品として地域の特産品を提供することができますが
地域の特産品と関係のないものや、原材料が他の都道府県から来ているものが返礼品になっている場合がありました。

例えば、アメリカ産の牛肉を県内の工場で熟成させて、その工場がある市町村の返礼品にするというケースです。
これは、ふるさと納税の趣旨に沿っていないという批判がありました。

そこで、10月からは、熟成肉や精米などの加工品は、原材料が同じ都道府県内で生産されたものに限るという厳格なルールに変わります。
これにより、地場産品の本物度が高まります。フェアな考え方ではありますよね。

ふるさと納税のルール変更の影響とは?寄付金額の値上げや返礼品の質や量の低下に注意!

ふるさと納税のルール変更により、自治体は経費を抑える必要が出てきます。
そのため、一部の自治体では、同じ返礼品でも寄付金額を値上げすることを検討しています。

 

例えば、福島県の棚倉町では、ユニ・チャームのおむつやペット用の給水シートなどの返礼品を、1000円から2000円値上げする予定です。
これは、経費が5割を超える可能性があるためです。 寄付金額が上がると、ふるさと納税のお得感が薄れてしまうかもしれませんね。

 

他にも福岡県の飯塚市では、熟成肉の返礼品を、熟成期間を短くしたり、重量を減らしたりすることを検討しています。
これは、原材料が同じ都道府県内で生産されたものに限るというルールに合わせるためです。

 

さらに、京都市では、熟成肉や精米などの返礼品を、10月から提供しないことを決めました。
これは、地場産品の基準に合わないためです

ふるさと納税のルール変更により、自治体は返礼品のラインナップを見直す必要が出てきます。
そのため、一部の自治体では、返礼品の種類を減らす傾向にあります。

 

ふるさと納税のおすすめのタイミングとは?9月中に寄付するメリットと10月以降に寄付するメリットを比較!

ふるさと納税のルール変更により、寄付金額や返礼品に変化が起こる可能性があります。
では、いつ寄付すればお得なのでしょうか? ここでは、9月中に寄付するメリットと10月以降に寄付するメリットを比較してみます。

9月中に寄付するメリット

9月中に寄付するメリットは、以下の通りです。

  • 現在の寄付金額で返礼品を受け取れる
  • 現在の返礼品のラインナップから選べる
  • 現在の返礼品の質や量を確保できる

9月中に寄付すれば、10月から変わる可能性のある寄付金額や返礼品に影響されません。 つまり、今のうちにお得に寄付できるということです。
また、9月中に寄付すれば、来年の確定申告で税金の控除を受けることができます。

 

10月以降に寄付するメリット

10月以降に寄付するメリットは、以下の通りです。

  • 地場産品の本物度が高い返礼品を受け取れる
  • 地方の活性化や自分のふるさとへの応援になる
  • 今年の確定申告で税金の控除を受けることができる

10月以降に寄付すれば、原材料が同じ都道府県内で生産されたものに限られる返礼品を受け取ることができます。
これは、地場産品の本物度が高く、地域の特色や魅力を感じることができるということですね。

また、10月以降に寄付すれば、自治体の経費が抑えられるため寄付金がより地方の活性化や自分のふるさとへの応援になります。
これは、ふるさと納税の本来の目的に沿っていると言えるかもしれません。

さらに、10月以降に寄付すれば、今年の確定申告で税金の控除を受けることができます。
これは、寄付した年の翌年の確定申告で税金の控除ができるというルールに基づいています。

まとめ

ふるさと納税のルールが10月から厳格化されることについて、解説しました。
ふるさと納税のルール変更の内容は、経費ルールの厳格化と地場産品の基準の厳格化です。

そして懸念されるふるさと納税のルール変更の影響は、寄付金額の値上げや返礼品の質や量の低下、返礼品のラインナップの減少です。
ふるさと納税のおすすめのタイミングは、9月中に寄付するメリットと10月以降に寄付するメリットがあります。

9月中に寄付するメリットは、現在の寄付金額で返礼品を受け取れることや、現在の返礼品のラインナップから選べること、現在の返礼品の質や量を確保できることです。
10月以降に寄付するメリットは、地場産品の本物度が高い返礼品を受け取れることや、地方の活性化や自分のふるさとへの応援になること、今年の確定申告で税金の控除を受けることができることです。

ふるさと納税のルール変更によって、寄付の方法や目的が変わるかもしれません。 しかし、ふるさと納税の魅力は変わりません。
自分の好きな自治体に寄付して、税金の控除や返礼品を受け取ることは、自分にも地方にもメリットがあります。

ふるさと納税を上手に利用して、自分のふるさとを応援しましょう!

 

-トリビア