FX で負ける原因の圧倒的多い理由は?

FX で負ける原因が圧倒的多い理由は?

FXで負けてしまう原因はいくつかありますが、その中でも特に多い理由を初心者の方にもわかりやすく解説します。FXは正しい知識と戦略があれば、利益を出すことが可能です。しかし、多くの人が同じ過ちを繰り返し、結果として損失を抱えてしまいます。この記事を読むことで、FXで負ける原因を理解し、それを避ける方法を学びましょう。📚✨


 感情に負ける

  • 感情的なトレード: FXで負けてしまう大きな原因の一つは、感情に流されてしまうことです。例えば、「とにかく稼ぎたい」「早く損失を取り戻したい」という気持ちが先行し、無計画にポジションを持ってしまうことがあります。このような感情的なトレードは、根拠のない取引となりがちで、結果的に損失を招く原因となります。
  • どうしても自分のお金が減ったという事実を受け入れたくないという思いから、例えばプラスで終えようとしていた1日に対して、最後にもうちょっと稼ぎたいなと思い、1 pips や2pipsを取ろうと思って入ったら逆行してしまう。 「あと数千円だけ稼ごうと思ったら逆にマイナス5000円になってしまったこれは取り返さなくては」と思い、すぐにトレードに入ってしまい分析もせずに感情のまま無意味なトレードを繰り返しているうちに喪失がどんどん膨らむケースが多いです。

自分なりのルールを作ることが大事で、それを鉄則として守ることがFX の世界では非常に大切になります。

損切りができない

一番の原因はこれでしょう。すぐに損切りすべき時に

もしかしたらもう少し持っていれば戻ってくるかもしれない

あわよくばプラスに判定するかもしれない

と思い、ずっと損失を抱えたままチャートを眺めているような状態。この時の気持ちは損失を出してしまっているので、消して良い状態とは言えません。

しかし不思議とこういった時に思わぬ方向に、損失がどんどんどんどん膨らんでいきます。

逆行する速度がすごく早いので、あれよあれよという間に損失が膨らんでいくのをもはや呆然として見ているような状態です。
こうなると、予定していた損切りの金額よりも数倍、数十倍、もしくはどんどん膨らんでロスカットぐらいまで行く可能性があります。
今まで積み上げてきた利益が1回のトレードで吹っ飛んでしまうといった経験はFX トレーダーであれば 経験しています。

なので損切りラインを徹底して決めてそのルールに従うことが非常に大切です。そうすれば資金を失うようなことはありません。

リスク管理の不備

リスク管理はFX取引において非常に重要です。予想外の市場変動によって損失を最小限に抑えるために、十分なリスク管理が必要です。
ポジションサイズの設定やストップロスの活用など、リスクをコントロールする方法を学びましょう。

不十分な知識

FX取引を行う上で、市場の動向や基本的なトレード戦略についての知識が不十分な場合、思わぬ損失を被る可能性が高まります。
基本的な知識を身につけることは、成功するための第一歩です。

過度な期待

FXをやると何千万何億円儲けたというような話をネットとかで見ることがあると思います。結構年配な人でもそれぐらいの利益が出せるんだと思い、つい過剰に期待をしている人が多いと思います。それはおそらく FX は 簡単に儲かるといった感覚があるのかもしれませんが実際は簡単に始めることができるというのが正解です。

やはり着実にトレードスキルを向上させることが第一条件になります。

 

 

-投資