FX初心者失敗談から学ぶ成功への道のり

FXで稼ぎ続けている人も必ず失敗しています。

最初からうまく勝てている人はいません。およそ8~9割が退場するといわれているFX。「そんなに難しいの?」と思うかもしれません。

難しいわけではなく、始めるのはとても簡単。簡単すぎるからこそ落とし穴があります。

それでもFXは無くなる事はありません。

スキルが身に着けば一生FXで生活する事も可能です。そう、パソコンが見れる限り一生できます。
失敗するかもしれません。それでもできるだけ早い段階で小さな失敗を重ねながら、自分なりのルールを作って一生涯のスキルにしましょう。

FX初心者の方へ。FXの10の基本の「き」

FXは外国為替証拠金取引の略称で、通貨の売買を通じて利益を得ます。

しかし、初心者にとっては難しい印象を持つかもしれません。
そこで、FXの基本を簡単に理解できるように全体的なFXのお話として、「き」を中心に解説します。

 

1. きほんを押さえる

FX取引における「きほん」を把握することが重要です。

FXでは、例えば日本円を使ってアメリカドルを買うなど、異なる国の通貨を交換します。

通貨の価値は日々変動するため、この変動を利用して利益を得ることができます。

しかし、損失のリスクもあるため、通貨の価値がどのように変わるかを理解することが大切です。

2. きになる市場の動き

FX取引では、世界の経済や政治の動きが大きく影響します。

国際的なニュースや経済指標に注目し、世界中の金融市場の動きに「き」を配ることが大事です。

これにより、どの通貨が強く、どの通貨が弱いのかを判断する手がかりを得ることができます。

3. きんゆう知識を深める

FX取引には「きんゆう」(金融)に関する基本的な知識が必要です。為

替レートの仕組みや、通貨価値に影響を与える要因を学ぶことで、より賢い取引判断が可能になります。

特に、金利の動きや各国の経済政策に注目しましょう。

4. きっちりと計画を立てる

FX取引では、目的とする利益や許容できる損失の範囲を決め、「きっちりとした計画」を立てることが重要です。

無計画な取引はリスクを高めるため、自分の取引スタイルに合った戦略を立てる必要があります。

また、感情に流されず計画に従って取引することが大切です。

5. きょうつうのミスを避ける

FX取引で初心者が陥りがちな「きょうつうのミス」を知り、それを避けることも重要です。

たとえば、過度なレバレッジの使用や、無計画な取引、感情的な決断などがあります。

これらのミスを理解し、いかにしてそれらを回避するかを学ぶことが大事です。

6. きょういくとトレーニング

FX取引を始める前には、十分な「きょういく」とトレーニングが必要です。

オンラインの教育リソースを活用したり、デモ取引で実践的な経験を積んだりすることがおすすめです。

デモ取引では実際のお金を使わないため、リスクなしで取引の練習ができます。

7. きちんとしたリスク管理

FX取引には必ずリスクが伴います。

そのため、「きちんとしたリスク管理」が不可欠です。

取引においては、投資額を限定し、一度の取引で大きな損失を出さないように注意しましょう

。また、ストップロスオーダー(損切り注文)を利用して、予想外の市場の変動に対応することも大切です。

8. きんゆうニュースをフォローする

為替レートは、世界中の政治や経済のニュースに敏感に反応します。

「きんゆうニュース」を定期的にフォローし、市場の最新情報を把握することで、賢い取引判断が可能になります。

特に、金融政策の発表や経済指標の発表日は要チェックです。

9. きょくたんな取引は避ける

初心者には「きょくたんな取引」、つまり極端な取引は避けるべきです。

大きなリスクを伴う取引や、分析に基づかない取引は損失の可能性を高めます。

初心者のうちは、小さな取引から始めて徐々に経験を積むのが賢明です。

10. きもちをコントロール

FX取引では、自分の「きもち」をコントロールすることが大事です。

市場の変動に一喜一憂せず、冷静に取引計画に従うことが重要。

感情に流されず、客観的な判断を心がけることが大切です。

 

まとめ

さて・・・・これらの基本はもしかしたら「わかってるよそんなの」と思うかもしれません。

私もそうでした。様々な本を読んで、色んな動画を見て繰り返し繰り返し負けて・・・。それでもこの基本の「き」が鉄則になります。

 

-投資