インボイス制度って何?小学生でもわかるように超簡単に解説します!

管理人ペイと申します!インボイス制度!はじまりますね。 ネットで検索してもどうもわかりにくかったり、「何かしなきゃいけないの?」ってなりますよね。

まずは簡単に小学生でもわかるような文章で説明できればと思います!

インボイス制度ってそもそも消費税のルールを変える制度って話なのですがそもそも当たり前に支払っている消費税からまずお話しましょう!

1. 消費税って何?

お店で物を買うときに、値段にプラスして払うお金のこと。

消費税とは、お店で物を買うときに、値段にプラスして払うお金のことです。
例えば、100円のお菓子を買うときに、110円払うことがありますよね。その10円が消費税です。

消費税は、物の値段の10%が加算されます。

そして、インボイス制度はこの消費税のルールを変えようとする制度です。

消費税は、お店が国に渡す義務がありますが全部を渡すわけなではない

お店は、消費税を国に渡さなければいけません。ですが、全部を渡すわけじゃありません。
このあたりって、あまり普段考えないですよね。ここがインボイスを理解する上で、ややこしくしてるかもしれません。

例えば、100円のお菓子を売ったときに、消費税の10円をプラスして、110円をお客さんからもらいます。そして、この消費税の10円をまるまる国に渡すわけじゃありません。

例えば、100円のお菓子はどこかの卸業者から仕入れていますが、その時に消費税を払っています。つまり経費になります。
このお菓子を卸屋さんから卸してもらった代金が50円だったとしましょう。

その時にお店は卸屋さんに既に5円の消費税を払っています。計55円で仕入れているわけです。
この時に消費税を5円支払っていますね。この5円は、自分たちが国に渡す消費税から引くことができます。
結果、国に渡す税金は5円になります。既に卸屋さんに卸してもらう時に5円支払っているからです。

国は、お店からもらった消費税を道路や学校などに使います。(もっといろいろありますが・・・・)
消費税は、国が私たちの暮らしをよくするために使うお金なので消費税を正しく払わなければいけません。
以上が、消費税って何かについての簡単な説明でした。

2.インボイス制度って何?

インボイス制度とは、消費税のルールを変えようとする制度です。

今までは、お店が消費税を国に渡すだけでした。
でも、これからは、お店同士で消費税のやりとりをする必要があります。

例えば、AさんがBさんに商品を売ったときに、AさんはBさんから消費税ももらいます。そして、Aさんはその消費税を国に渡します。
Bさんはその消費税を自分の経費として計算します。このように、お店同士で消費税のやりとりをすることで、消費税の計算や支払いが正しくなります。

そのために、国が作ったちゃんとした請求書を使うことになる

でも、お店同士で消費税のやりとりをするには、ちゃんとした証拠が必要ですよね。

そこで登場するのが、国が作ったちゃんとした請求書です。これが今までにない、新しいルールです。
国が作っているというところがミソです。自分たちで作るわけではありません。この請求書をインボイスと呼びます。

インボイスには、商品やサービスの内容や金額、消費税の額などが書かれています。インボイスを使うことで、お店同士で消費税のやりとりがスムーズになります。

3. インボイス制度が始まる理由や目的は何?

消費税の不正やごまかしを防ぐため

消費税は、大切な税金の資源です。高いですけど。

でも、消費税を払わない人や少なく払う人がいると、国が困ってしまいます。
それは、私たちの暮らしにも影響します。

だから、消費税を正しく払うことが大切です。
インボイス制度は、消費税の不正やごまかしを防ぐために始まる制度です。

インボイス制度では、お店同士で消費税のやりとりをするときに、国が作ったちゃんとした請求書を使います。
この請求書には、商品やサービスの内容や金額、消費税の額などが書かれています。

この請求書を使うことで、消費税の計算や支払いが正しくなります。
また、国はこの請求書をチェックすることで、消費税の不正やごまかしを見つけることができます。

他の国と同じルールにするため

日本だけではなく、他の国も消費税を取っています。
でも、他の国ではインボイス制度というルールがすでに始まっています。

日本も他の国と同じルールにするためにインボイス制度を始めます。

他の国と同じルールにすることで、国際的な取引やビジネスがしやすくなります。また、他の国から学ぶこともできます。

4.インボイス制度が自分にどのような影響を与えるか

ご商売やってない方には、あまり関係ない(経営者とか個人事業主でない方)

インボイス制度は、お店同士で消費税のやりとりをするときに、国が作ったちゃんとした請求書を使う制度です。
普通の人は、お店で物を買うときに消費税を払うだけで、消費税のやりとりをすることはありません。

だから、インボイス制度はあまり関係ありません。

でも、お店で物を買うときにもらうレシートや領収書には、消費税の額が書かれています。
これは、消費税を正しく払っていることの証拠です。だから、レシートや領収書は大切に保管しましょう。

自分で仕事をしている人や小さなお店や会社を経営している人は大きく関係する

インボイス制度は、お店同士で消費税のやりとりをするときに、国が作ったちゃんとした請求書を使う制度です。
自分で仕事をしている人や小さなお店や会社を経営している人は、他のお店から物を買ったり、他のお店に物を売ったりします。

このときに、消費税のやりとりをする必要があります。

だから、インボイス制度は大きく関係します。インボイス制度では、国から教えてもらえる特別な番号を取得する必要があります。
この番号は、消費税の計算や支払いに必要な番号です。

また、国が作ったちゃんとした請求書を作る必要があります。

この請求書は、商品やサービスの内容や金額、消費税の額などが書かれています。
この請求書を使うことで、消費税の計算や支払いが正しくなります。

国が作ったちゃんとした請求書を作る手間がかかる

インボイス制度は、お店同士で消費税のやりとりをするときに、国が作ったちゃんとした請求書を使う制度なので、
国が作ったちゃんとした請求書を作るには、いくつかの手順が必要です。

まず、国から教えてもらえる特別な番号を取得する必要があります。

次に、商品やサービスの内容や金額、消費税の額などを記入する必要があります。

最後に、相手のお店に送る必要があります。このように、国が作ったちゃんとした請求書を作るには、手間がかかります。

でも、便利なツールやサービスを利用することで、手間を減らすことができます。

5. インボイス制度に対応するためにはどうすればいいか?

事前に準備しておくことがあるか確認する

まずは事前準備で必要な事があります。最初は初めてのことだらけなのでとっつきにくいですが慣れれば次回からは簡単に作業ができます。

また、自分がどんな商品やサービスを売っているかや、どんなお店から物を買っているかも確認しましょう。
これは、国が作ったちゃんとした請求書を作るときに必要な情報です。

国から教えてもらえる特別な番号を取得する

国から教えてもらえる特別な番号を取得する必要があります。この番号を取得する方法は、国のホームページや電話で確認できます。

国が作ったちゃんとした請求書の使い方を覚える

便利なツールやサービスを利用する

インボイス制度では、お店同士で消費税のやりとりをするときに、国が作ったちゃんとした請求書を使います。でも、国が作ったちゃんとした請求書を作るのは、手間がかかります。
そこで、便利なツールやサービスを利用しましょう。例えば、インターネットやスマートフォンで簡単に国が作ったちゃんとした請求書を作ったり、送ったり、受け取ったりできるツールやサービスがあります。

これらのツールやサービスを利用することで、手間を減らすことができます。

以上が、インボイス制度に対応するためにはどうすればいいかについての簡単な説明でした。

インボイス制度に対応するためには、事前に準備しておくことがあるか確認することや、国から教えてもらえる特別な番号を取得することや、
国が作ったちゃんとした請求書の使い方を覚えることや、便利なツールやサービスを利用することが必要です。

インボイス制度に対応するためには、少し大変かもしれません。
でも、インボイス制度は、消費税の不正やごまかしを防ぐため、消費税の計算や支払いを正しくするため、他の国と同じルールにするために始まる制度です。
インボイス制度について、しっかりと理解しておきましょう。

インボイス制度は2023年10月から始まります。消費税のルールが変わることで、私たちの暮らしも少しずつ変わっていきます。

楽天ブックス
¥1,760 (2024/02/07 21:12時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

-ニュース・話題