草なぎ剛がブルーノマーズに1日違いで買われてしまったギターは何?

12日放送の『行列のできる相談所』(日本テレビ系)にスペシャルMCとして登場したときに草彅剛が、怒っていることを話していました。

それは1年前に気に入ったギターの購入を悩んでたところ即決をしなかったんですが、次の日にあのブルーノマーズに購入されたということがありました。

店主曰く、「ヴィンテージのギターは、人を選ぶんだよ」と言った言葉にどこかで納得をしてしまった草彅剛ですが、こんなビッグな2人のお目当てとなった
ギターとは何でしょうか?

色々調べたところ、世界的ロックバンドローリングストーンズのキースリチャーズではなく、ロンウッドが使用する同モデルだったらしく、おそらくそれの
ビンテージだったと思います。

ギブソンのJ-200

平野楽器(売却済み)より引用

こちらの写真のギターは1997年製の中古品ですがローンウッドのシグネチャーモデルなので、このギターのような気もしますが
1955年前後のビンテージもあるため、もしかしたらそちらになるのかなと思います。

Pinterestから引用

色々調べたところ1955年前後のこちらのヴィンテージだと今は売却済みでどこにも値段が書いてなかったですが前に見た時に
250万前後ぐらいの金額だったような気がします。

いずれにしても球数が少なくかなり珍しいヴィンテージギターになるので、これからもチェックしてみたいと思います!

こちらは古いYouTube の動画になりますが、ギブソンカスタムショップでローウッドの紹介があったので掲載しておきます。

中古なのでお値段もお求めやすい(と言っても高い)ですがナリが半端ないですね!シャリついた音もでますし、メイプル剤なのでストロークも単音の音もいいですね。
是非チェックしてみてください!

 

-ニュース・話題